見出し

野田佳彦首相(民主党代表)と自民党の安倍晋三総裁の顔合わせが11日、ようやく実現した。衆院の「近いうち解散」の明確化をめぐる両者の溝は深く、首相 が目指す特例公債法案の成立などに向けた協力が進む見通しは立っていない。首相は「近いうち解散」の約束を履行する気配を見せず、民主党内では衆院での与 党過半数割れを回避するため、「国民の生活が第一」を切り崩すという奇策も浮上している。